My Sweet Home

Michael.Anne~ミシェル.アン~インテリアスタイリスト久保砂由美がお届けする暮らし楽しいSweet Blog♪

スポンサーサイト

Posted by SAYUMI KUBO on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地をまわって

Posted by SAYUMI KUBO on   0 comments   0 trackback

昨日一昨日と仙台・水戸へ、そしてプライベートで筑波の方へも足を延ばし、2日間、実店舗はお休みをいただきました。

中にはお休み中、ご来場やお問合せをいただいた方もいらっしゃったようですが、誠にすみませんでした。

また、本日から、頑張っていきたいと思いますので宜しくお願いいたします!!


さて、昨日3月11日は、あの大震災からちょうど一年。
一年が過ぎて、今被災地は、どんな状況なのかを生の目で見ることができました。

セルコホームの本部が仙台にあるということで、本部方が少しお時間を割いて下さいまして、いろいろな当時のお話を伺ったり、被災された地域へ案内して下さったり、短い時間でしたが、身を持って当時の悲惨な状況を垣間見ることができました。

津波が襲った地域は、あたりはガランと何もなく、家が建っていただろうという基礎の後だけが残された状態です。
しかし、海に近くなると、いまだに廃材の山が多く残され、什器での作業が続いていました。





テレビの特番でも同じ報道がされていましたが、廃材は放射能の数値が高い訳ではなく、一般的な廃材と全く同じなのに、受け入れの県が手を挙げることをしてくれないことから、処分を遅らせている、というのです。

日本の判断力・行動力のなさが、本当に情けなく感じます。


ちょうど私が訪問させて頂いた時を同じにして、ハウジングスタッフのメンバーも被災地を訪れていまして、セルコホームの本部のご協力の元、女川の仮設住宅の皆様と直に触れ合ったり、石巻の須江にある仮設住宅でシャワーフックとトイレに棚板を取付けたりと、支援に励んでいたようです。
その様子は、こちら☆

ハウジングスタッフは、社長の号令のもと、震災以降毎月に近いくらい社員を被災地に送り(全社員を順番に)、ボランティア活動を行っています。こういう実際に行動を起こす会社は、本当に素晴らしいと思いますし、またそれを受け入れて下さいますセルコホームの本部の皆様にも同じ思いです。

セルコホームの本部の皆様は、一人でも多くの方に現状を知って、そして生の目で見て頂きたいという想いで、こうして私にまでも被災地に一緒に回って下さったりと貴重なお時間を割いて頂きましたこと、大変有難く感じております。
本当にありがとうございました



どんなに寒い季節があっても、こうして春になれば、綺麗な花が咲きます。
またこの寒さあってこそ、美しい花が咲くということも言われております。

また人間も同じように、どんなに厳しい試練があってもそれをバネに、日本中の支援の元、
また皆様に心からの笑顔が戻ってこられること、一日でも早い復興を願っております。

お亡くなりになられた方々へのご冥福をお祈り申し上げます。



茨城県水戸市、偕楽園にて

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://michaelanne.blog.fc2.com/tb.php/523-a642a20a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。