My Sweet Home

Michael.Anne~ミシェル.アン~インテリアスタイリスト久保砂由美がお届けする暮らし楽しいSweet Blog♪

スポンサーサイト

Posted by SAYUMI KUBO on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコンの季節

Posted by SAYUMI KUBO on   0 comments   0 trackback

今日も蒸し暑い一日でしたね。。。

気温の高さより、この湿度の高さ・ムシムシ感が、体にもシンドくて夏バテになってしまいそぅ 夏に弱い久保なのです

今日は、午後からモデルハウスにて商談が入っていたので、半日モデルハウスで過ごしておりましたが、とても快適でした

夏場のモデルハウスの1・2Fの空調につきましては、2Fのエアコン1台でまかなっています。
1・2F合わせて70坪程あるのに、信じられないでしょー
吹き抜けの有・無、夏場・冬場のことを考えると、各階に1台の設置で十分です。

夏場、2Fのエアコンから排出された冷気は、吹き抜けを通じて1Fに下りてきます。高気密高断熱の優秀なセルコホームのお家では、24時間エアコンをつけておくと、どのお部屋にも万遍に冷えた空気が行き渡り、快適なのです。
一つ例に挙げますと魔法瓶ポットを想像してみて下さい。
一旦冷ました空気は、外気に影響されにくいのです。
何より家計にも地球にも優しいのが嬉しいですね

ふうりん





ちょっとここで豆知識 是非お試しあれ

【エアコンの節電方法】

エアフィルターの掃除はこまめに
エアフィルターの掃除は、2週間に1回程度行ってください。フィルターが目づまりをおこすと風量が低下します。実験では約2週間で風量が5%ダウンするという結果も出ています。
フィルターの片面に新聞紙などをあてて、反対面から掃除機で吸えばOK。汚れがひどいときには、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗ってから、しっかり乾かしましょう。

節電メモ   
   1年間で、約
860円おトク
   年間で減らせるCO2約3kg

設定温度は、「すぎ」ないように
エアコンの温度設定は外気との温度差を5度程度に。
一般的には28度がひとつの目安になっています。冷房時の温度を1度高めにすると約10%の省エネ。

節電メモ
   1年間で、約
1,710円おトク
   1年間で減らせるCO2約7kg

冷たい空気が流れるように障害物を置かない
エアコンの冷気が部屋のすみずみまで行きわたるように障害物は移動しましょう。室内機の下の1m以内には大きな家具などを置かないこと

タイマーを使って電気代を節約
夜は寝付いたころにスイッチが自動的に切れるタイマーを利用。一晩中エアコンがついた状態では電気代がかさむばかりでなく、寝冷えや夏バテの原因に。

カーテンを床までのばし熱気を防ぐ
直射日光が室内に入らないようにカーテンは遮光カーテンにし、床につくぐらい長い物を使用する。カーテンは伝は断熱の働きもします。

室外機は日陰で風通しのいい場所に
冷房で実際に冷やしているのは室外機、当然直射日光や風投資が悪いと冷却能力が極端に下がり、冷えない電気が無為だに使われるなど悪影響が出ます。もう一度確認を。簡単なひさしを受けるで、大幅に性能がアップしますよ。

扇風機で冷気のめぐりをよくする  
扇風機の風で体感温度が大幅に下がり、温度を2~5度上げても大丈夫です。


【ちょっとの一工夫で涼しく過ごす方法】

ハーブをエアコンの吹き出し口に
アロマテラピーを活用した涼しさです。
エアコンの噴出し口に、ミントなどのハーブをつるしておきます。
清涼感がより涼しさを生みます。
車はより効果的です。ハーブをエアコンの吹き出し口に飾り付けると緑の演出と共に涼しさを演出できます。

夏を涼しく!のりづけお洗濯
夏の暑い時期は服も肌とくっつき気持ちの悪いもの、さっぱりと洗い上げた衣類にちょっとひと工夫。「のり」を使ったお洗濯で、夏を涼しくさっそうと過ごしましょう。、ノリ付けでさらっとした衣類は、肌につきづらく着心地よくすごせます。

ペットボトルを凍らせて
ペットボトルを冷凍庫で凍らせておくと重宝します。大きなボトルは2晩、小さなボトルだと1晩でガチガチになると思います。暑い中、少しずつ溶けて、いつも冷たいのが飲めるます。ボトルごと、身体冷やすのにも役立ちます。タオルでくるんで火照ったところを簡単に冷やせます。首の後ろや耳の後ろを冷やすと良いです。
最近では、コンビニの冷凍室で売っています。
外出する時には特に便利です。

水中花の作り方
暑い日に涼しさを楽しむ方法をひとつ
牛乳パックの空箱に湯ざましを入れます。湯ざましを使うのは、沸騰させた水の方が気泡の少ない氷が作れるためです。高さを考えて、花を固定しながら箱に入れます。箱の口を留めて、まる1日冷凍庫に入れるだけで完成します。あとはパックの紙をはがして、テーブルに何本かまとめて並べてみます。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://michaelanne.blog.fc2.com/tb.php/51-b92c31bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。